法人税>>交際費

交際費等の損金不算入額の計算

 法人が支出した交際費等の額は、原則として損金の額に算入されません。
 

損金不算入額

 法人が支出した交際費等の額は、原則として損金の額に算入されません。ただし、資本金1億円以下の法人については、一定額が控除されます(措法61の4@措令37の4)。
 
期末の資本金
(出資金)の額
損金不算入額
1億円超の法人 支出交際費等の全額
1億円以下の法人 ●支出交際費等の額が600万円以下の場合
 支出交際費等の額×10%
●支出交際費等の額が600万円超の場合
 (支出交際費等の額−600万円)+600万円×10%
(注)事業年度の月数が12カ月ない場合は、上記の600万円は「600万円×(その事業年度の月数/12)」と読み変えます(措法61の4@)。なお月数は、暦に従って計算し、1月に満たない端数が生じたときは、その端数を1月とします(措法61の4A)。
 

計算例

 (設 例)
 A株式会社の当期(平21.4.1〜平22.3.31)末の資本金の額500万円、当期の交際費等の支出額が820万円(内、300万円は福利厚生費として経理されている)であるとした場合、その交際費等の損金不算入額を計算しなさい。
 
 (答)
 損金不算入額は
 (600万円×12/12×10%)+(820万円−600万円×12/12)=280万円
 
 
 税額・申告・納付